やまがた元気な風展 5 『モノヅクリビトの祭典』

標題は「雪国やまがたのテマヒマ・手仕事・その豊かさ」を多くの方々に知っていただこうとする
やまがた元気な風の会が主催するイベントです。
この会は湯布院の工芸デザイナー時松先生の薫陶を受けた、真室川うつわの会・上山くだものうつわ・
地方再生百年デザイン研究所の3団体の方達が4年前に立ち上げました。
会場を上山・温海・真室川・上山と順に移りながら、有名無名の山形に根ざした工芸品を発掘・紹介してきました。
ぜひ この機会に 足をお運びください。

期日:6月29日(土)10時から18時

6月30日(日)10時から16時
会場:鶴岡市羽黒町桜ヶ丘「里山情報館」

内容:しな織り・鶴岡つづれ虚籟庵・地域材の木工製品・焼き物・わら細工・うるし塗細工
布製品・アケビ細工・ぶどう細工・染め製品・

コカリナ・ミニコンサート
カフェ「エッペネマレ-ノ!」 等

 

しなの花咲きました!

RIMG0004

しなの花のいい匂いに ハチも夢中です。

 

RIMG0002

真っ青な空の下、しなの花が一斉に咲きました。

しなの花が咲く頃 皮はぎも始まります。

よく晴れた日には、関川集落内 沢山の皮が干してありま

す。しなの季節が、やってきました!

 

 

 

 

しなのつぼみ

梅雨入りし、シナノキもますます大きく成長しているこの頃です。

よ~く葉を見てみると・・・。

RIMG0003

花弁の下にしなのつぼみが見えます。

もう少し 初夏になると 淡黄色の小さな花が咲きます。

私たち従業員は、毎日ここの木の前を通っては、今か今かと見上げるのでした。

皮はぎも、もうすぐです!