晴れ間

久しぶりの 太陽!

皮はぎシーズンの7月、剥いだ皮を じっくりと乾かすことで 良質のしな糸になります。

少しでも太陽の光をあてたくて 一斉にしな皮・しな苧を 外で干しています。

太陽がなかなか見られない時は、乾かすためにひたすらストーブ&扇風機を回すのでした・・・。

NCM_0096

RIMG0001

皮はぎ体験

雨の日が続く中、この日だけは!!!

晴れてほしいと願っていました。

14日昨日 小学生を対象とした 皮はぎ&コースター体験が行われました。

小雨・・・、もありましたが 楽しく過ごすことができました。

毎回 体験事業では 発見と感動があり 勉強になります。

織りにしても それぞれの個性がでるし、何よりも出来上がってくると 笑顔になります。

この笑顔を見たくて 体験事業をしている私たちです。

しな織りの『しな』には アイヌ語で むすぶ の意味があります。

日々 しな織りを通して、たくさんの人たちとつながっていきたいです。

RIMG0061

RIMG0071

RIMG0017

やまがた元気な風展 5 『モノヅクリビトの祭典』

標題は「雪国やまがたのテマヒマ・手仕事・その豊かさ」を多くの方々に知っていただこうとする
やまがた元気な風の会が主催するイベントです。
この会は湯布院の工芸デザイナー時松先生の薫陶を受けた、真室川うつわの会・上山くだものうつわ・
地方再生百年デザイン研究所の3団体の方達が4年前に立ち上げました。
会場を上山・温海・真室川・上山と順に移りながら、有名無名の山形に根ざした工芸品を発掘・紹介してきました。
ぜひ この機会に 足をお運びください。

期日:6月29日(土)10時から18時

6月30日(日)10時から16時
会場:鶴岡市羽黒町桜ヶ丘「里山情報館」

内容:しな織り・鶴岡つづれ虚籟庵・地域材の木工製品・焼き物・わら細工・うるし塗細工
布製品・アケビ細工・ぶどう細工・染め製品・

コカリナ・ミニコンサート
カフェ「エッペネマレ-ノ!」 等