第29回関川しな織まつり、終了いたしました。

おかげさまで、第29回関川しな織まつり、無事に終了いたしました。お越しくださった皆様、どうもありがとうございました。楽しんでいただけましたでしょうか。「へぇー!」という驚きや、「そーなんだー」といった発見をあちこちでしていただけたのであれば嬉しいです。

今回は見送りました…という方、まつり終了後も関川しな織センターでは皆さまのお越しをお待ちしております。「なかなか(関川まで)来る機会がなくて…」とおっしゃるお客様、多くいらっしゃいます。そういう場所ではありますが、そういう場所であるからこその楽しさがあるのだと思います。

どうぞ、今後とも関川しな織センターをよろしくお願いいたします。

夕日を受けて、赤く染まる摩耶山。手前の山は紅葉しています。センターから見える丘の上には4本の木。葉を落とすのは、さてどの木でしょうか。

 

007009005006008

 

しな織まつり、二日目!

残念ながら雨の降りやむ気配はなく、雲がかかって摩耶山もうっすらとしか見えません。足元の悪い中お越しくださる皆様、どうもありがとうございます。

しな織センターでは、普段は自宅でやっているしな績(う)み・しなよりを実演して見せてくれる熟練のマダムたちが集結しています。しな績みの指先をこんなに間近で見れる機会ってそんなに多くありません。まるでマジックのような素早さに、「え、え?もう一回やって!」と思わずお願いしたくなること必須です!

2人のしな織姫も、織姫の着物を着て織機に向かっています。その初々しさを確かめにいらっしゃいませんか。また、歴代の織姫たちの写真も展示しています。まつりの歴史を感じていただけるのではないでしょうか。

休憩コーナーではツキノワグマもお出迎え!

本日は15時までです。日曜の午後、選挙も行ったしこの後どうする?という皆様、ドライブがてらにいかがでしょうか。

まやみ広場では産直コーナーもあります。足元は長靴で!ぜひお越しください♪

0130150142018016

関川しな織まつり二日目♪

気合い充分に準備に励んでおりますが、あいにくの空模様となっています。お昼頃からはやむ予報となっていますが、山の天気は変わりやすいもの!早めに雨があがりますように。

ただ、雨が止んだとしても気掛かりなのは足元です。産直や飲食コーナーを設営しているまやみ広場は土のため、ぬかるんだ状態となっています。すべりやすくもなっていますので、車に念のため長靴を積んでおいて状況を見て履き替えていただく方が安全かもしれません。新品の靴でお越しいただくことがないよう、足元対策に少し気を付けていただいてお越しいただければと思います。

002 003 004 005 007 009